のどの病気

  • 咽頭の病気
  • 喉頭と声帯の病気
  • のど以外でのどに関連する病気
咽頭異常感症・咽喉頭神経症〈いんとういじょうかんしょう・いんこうとうしんけいしょう〉
どんな病気?
咽頭・喉頭を耳鼻科医が検査しても炎症や腫瘍などの異常や、のどに異常感をもたらす全身的な病気がないのに、のどの異常感を訴えるものです。
症状は?
のどがつかえる感じ、のどが痛い、のどがイライラする、のどが乾くなど、いろいろな症状を訴えてきますが、検査しても異常が見当たらないものです。つばを飲みこむ時には異常感があってうまく飲みこめないのに、食事の時には異常がないというのが特徴です。原因は、のどのがんに対する恐怖、心理的・精神的要因などです。
対処は?
うがいをこまめに行い、のどを乾燥させないように心がけます。それでも異常感がなくならない場合、心療内科やメンタルクリニックを受診して、がんへの恐怖や心理的・精神的原因を解明してもらいましょう。
  • 咽頭の病気
  • 喉頭と声帯の病気
  • のど以外でのどに関連する病気
関連コラム