急性咽頭炎きゅうせいいんとうえん

のどの病気

どんな病気?

カゼの原因となるウイルス、花粉、刺激性の強いガスなどが原因となって、咽頭(図1参照)に急激な炎症が起こるもの。咽頭にはいつも溶血性連鎖球菌、ブドウ球菌、肺炎球菌などいろいろな細菌(常在菌)がいますが、ウイルスなどの感染をきっかけにこれらの細菌も活動を始め、炎症が起こるのです。寒さ、空気の乾燥、疲労、暴飲暴食、鼻や口の中の炎症など、全身や咽頭の抵抗力をさげるさまざまな要因が、引き金となります。

症状は?

軽いうちは、のどの乾燥感、異物感。重くなると、のどのひどい痛み、飲みこむ時の痛みなどです。咽頭の粘膜が赤くなり、頚部リンパ節も腫れます。熱は微熱が多いのですが、高熱が出ることもあります。

対処は?

殺菌薬や抗生物質の入ったトローチやうがい薬でのどを清潔に保ち、食事も柔らかく、のどに刺激の少ないものにします。熱がある時には水分の補給も十分に。急性咽頭炎だけなら静かに休んでいれば治ります。しかし、こじらせると急性扁桃炎や急性中耳炎などになることがありますから、この時期にしっかり治すことが重要です。

この記事をシェアする
FacebookTwitterLINE

のどの病気