のどの病名専科
咽頭、喉頭、声帯等の病名や症状はもちろん、のど以外でのどに関する病気もご紹介。

扁桃肥大〈へんとうひだい〉 ・扁桃腺肥大〈へんとうせんひだい〉

【どんな病気?】

扁桃というのは、咽頭の粘膜の中で発達したリンパ組織の一つです。俗に「扁桃腺」といわれますが、正しくは「扁桃」です。リンパ組織ですから、外部からはいってくる病原体を防ぐ役目を果たしています。

のどには、咽頭扁桃(アデノイド)、耳管扁桃、口蓋扁桃、舌扁桃の4つがありますが、いちばん大切なのは口蓋扁桃で、たんに扁桃といえば口蓋扁桃のことを指します(図2参照)。

大きく開けた口をのぞくと、上あごの奥にのどちんこ(口蓋垂)がありますが、このつけ根の両側にあるのが口蓋扁桃で、これがふつうより大きくなったものが扁桃肥大です。

【症状は?】

起こることがある症状としては、食事ができない、しばしば扁桃が腫れ熱が出る、成長が阻害される、いびきや睡眠時無呼吸症候群になるなどです。しかし、扁桃が肥大していても症状があるとは限りません。子どもの扁桃は肥大しているのがふつうで、これは成長発達の過程でからだを感染症から守るためと考えられています。いちばん大きくなるのは7歳ごろで、それ以後はだんだん小さくなります。

【対処は?】

子どもの扁桃肥大は、特別な症状がなければそのまま様子を見ます。上に述べたような症状が気になる場合には耳鼻科を受診し、手術が必要かどうか、お医者さんに判断してもらいます。何度も扁桃炎をくり返して肥大になった、年長の子どもや大人の扁桃肥大は、硬くて表面が凸凹しています。そのため、さまざまな感染症の原因となることが多く、手術が勧められることが多いようです。

アデノイド肥大〈ひだい〉

【どんな病気?】

口蓋扁桃より上、鼻の奥のほうにあるのが、咽頭扁桃(アデノイド)です。アデノイド肥大も子どもにはよく見られ、4歳ごろ始まり、6歳ぐらいをピークに18歳頃までに退化していきます。(図3)

【症状は?】

一般的に、アデノイド肥大のほうが扁桃肥大よりも症状が出やすく、鼻の穴の後部がふさがれるため、鼻呼吸が十分にできず、そのためいつも口を開けて口呼吸をするようになります。

また、中耳と鼻をつないでいる耳管が圧迫されて狭くなり、難聴や耳鳴りが起こったり、滲出性中耳炎、さらに難聴をひき起こしたりします。また、鼻づまりを起こすため、いびきをかく、鼻声になるなどの症状が起こります。これがひどくなると睡眠時無呼吸症候群となり、夜中に突然目を覚まして起き上がったりします。

【対処は?】

困った症状が起きたら耳鼻科医を受診し、どういった症状が起きて、どのように困っているかを率直に話しましょう。手術するかどうかは、耳鼻科医の判断にゆだねるのがよいでしょう。

急性扁桃炎〈きゅうせいへんとうえん〉(アンギーナ)〉

【どんな病気?】

口蓋扁桃(図参照)が細菌によって炎症を起こすもので、多くは急性咽頭炎に続いて起こります。原因となる菌は、溶血性連鎖球菌や黄色ブドウ球菌、肺炎双球菌、ウイルスなどですが、健康な状態では扁桃の免疫力が大きいため、こうした菌がいても炎症は起きません。しかし、過労、ストレス、アレルギー、暴飲暴食、寒冷などでからだの抵抗力が落ちると、炎症が起こるのです。

【症状は?】

寒け、39~40度に達する高い熱、だるさ、関節痛などの全身症状とともに、のどがひどく痛みます。扁桃を見ると赤く腫れ、黄白色のウミが表面をおおっていることがあります。

【対処は?】

すぐに耳鼻科医を受診し、その指示に従いましょう。多くは抗生物質が処方されます。家庭では温かくして安静にし、のどごしのよい食事をとるようにします。のどが痛くて食事がとれない場合には、入院して点滴で水分と栄養を補います。

痛みや熱が下がってもすぐにくすりをやめないこと。この段階ではまだ細菌は生き残っています。さらに数日間はくすりを飲み続けないと、慢性扁桃炎や習慣性扁桃炎になるおそれがあります。

慢性扁桃炎・習慣性扁桃炎〈まんせいへんとうえん・しゅうかんせいへんとうえん〉

【どんな病気?】

急性扁桃炎がくり返し起こったり、急性扁桃炎の治療が不十分だった場合に、慢性扁桃炎になっていきます。このうち、1年に4~5回も急性扁桃炎をくりかえすものをや習慣性扁桃炎とよびます。

【症状は?】

扁桃やのどの症状は急性扁桃炎よりも軽く、扁桃は肥大していない場合もあります。むしろ扁桃の周囲が充血し、そこを押すとウミの塊が出てきます。頚部リンパ節も腫れ、押すと痛むことがあります。慢性症状が続くと、からだのほかの部分にいろいろな病気をひきおこすことがあります。

【対処は?】

耳鼻科で治療を受けます。炎症が起きた時には、抗生物質と消炎薬が用いられます。うがいなどによってのどを清潔に保つことも重要です。習慣性扁桃炎で勉強や仕事に支障がある場合や、ほかの場所に病気をひきおこす原因となっていると認められる場合には、手術で扁桃をとることもあります。

扁桃周囲膿瘍〈へんとうしゅういのうよう〉

【どんな病気?】

口蓋扁桃の外側にうみがたまる病気。急性扁桃炎に続いて起こることが多く、子どもよりむしろ大人に多く見られます。

【症状は?】

扁桃の外側が極端に赤く腫れあがり、押すとひどく痛みます。多くは片側だけに起こりますが、ときには両方がやられる人もいます。のどの痛み、飲み込む時の痛みがひどく、口を開いても痛いので、水を飲むことや食べること、話すこともできないくらいです。高い熱が出て、栄養もとれないため、全身状態が非常に悪くなります。

【対処は?】

耳鼻科で診断を受けます。膿瘍であることがはっきりすれば、切ってウミを出す治療法が原則です。ウミが出ると同時に痛みがひき、口も開くようになります。

急性咽頭炎〈きゅうせいいんとうえん〉

【どんな病気?】

カゼの原因となるウイルス、花粉、刺激性の強いガスなどが原因となって、咽頭(図1参照)に急激な炎症が起こるもの。咽頭にはいつも溶血性連鎖球菌、ブドウ球菌、肺炎球菌などいろいろな細菌(常在菌)がいますが、ウイルスなどの感染をきっかけにこれらの細菌も活動を始め、炎症が起こるのです。寒さ、空気の乾燥、疲労、暴飲暴食、鼻や口の中の炎症など、全身や咽頭の抵抗力をさげるさまざまな要因が、引き金となります。

【症状は?】

軽いうちは、のどの乾燥感、異物感。重くなると、のどのひどい痛み、飲みこむ時の痛みなどです。咽頭の粘膜が赤くなり、頚部リンパ節も腫れます。熱は微熱が多いのですが、高熱が出ることもあります。

【対処は?】

殺菌薬や抗生物質の入ったトローチやうがい薬でのどを清潔に保ち、食事も柔らかく、のどに刺激の少ないものにします。熱がある時には水分の補給も十分に。急性咽頭炎だけなら静かに休んでいれば治ります。しかし、こじらせると急性扁桃炎や急性中耳炎などになることがありますから、この時期にしっかり治すことが重要です。

慢性咽頭炎〈まんせいいんとうえん〉

【どんな病気?】

咽頭(図1参照)の炎症が慢性化したもの。急性咽頭炎のくり返しや、副鼻腔炎、歯の炎症などの慢性の刺激、糖尿病や胃腸病、貧血などの全身的な病気など、さまざまなことが原因となって起こります。また、タバコやお酒、口呼吸によって口から冷たい空気が入ることなども原因になると考えられています。

【症状は?】

いつものどに異物感や痛みがあり、頭痛や微熱もあります。頚部リンパ節が腫れることもあります。

【対処は?】

耳鼻科で治療を受けます。急性咽頭炎と同様のうがい薬やトローチなどでのどを清潔に保ち、炎症を抑えます。ただし抗生物質は、慢性の病気に長いあいだ使い続けると副作用が気になるため、スプレイ(ネブライザー)として用いる方法が中心となります。禁煙、節酒、刺激物を避ける、むりをしないなど生活上の節制も重要です。

咽後膿瘍〈いんごのうよう〉

【どんな病気?】

咽頭の後ろ壁(のどのつきあたり)に化膿のある炎症を起こし、粘膜の下にはウミのかたまり(膿瘍)を生じる病気です。急性咽頭炎に続いて起こると考えられ、おもに1歳未満の子どもに見られます。

【症状は?】

急性咽頭炎の後、高い熱が出て息を吸いこむ時にゼーゼーというようになります。のどが腫れて狭くなるため呼吸困難になり、ものも飲み込めなくなるため水分や栄養が取れずに、脱水症状や栄養不足になります。

【対処は?】

耳鼻科を受診して治療を受けます。治療は、膿瘍を切開してたまったウミを吸い出すのが基本です。切開そのものは難しくはありませんが、乳幼児が多く、全身状態が悪いことも多いので、数日間入院して治療するのがふつうです。

咽頭異物〈いんとういぶつ〉

【どんな病気?】

病気というよりは状態で、のどに魚の骨などの異物が刺さったり、のどをふさいだりする状態をいいます。咽頭の異物となるのは、魚の骨、入れ歯の金具、ボタン、針、ツメ、硬貨、おもちゃの破片などさまざまです。刺さる場所は、扁桃やその周囲が大半です。

【症状は?】

痛み、呼吸困難。

【対処は?】

小さな魚の骨ぐらいなら、ご飯をそのまま飲み込めばとれることがあります。また、勢いよくせきをするととれることもあります。痛みがひどく、なかなかとれない場合には、耳鼻科へ行き、刺さったもの、その大きさ、痛みの場所などをしっかりつたえて、とってもらいます。幼児やお年寄りで、何がひっかかっているのかわからない場合、すばやい対処が必要ですから、できれば総合病院に行きましょう。

上咽頭のがん〈じょういんとう〉

【どんな病気?】

上咽頭(図参照)に発生する悪性腫瘍ですが、日本人にはまれです

【症状は?】

はじめはのどの症状はほとんどなく、耳鳴りや難聴、鼻づまりなどの症状がでます。さらに頚部リンパ節に転移して、ここが腫れて気づいたりします。

【対処は?】

手術、放射線療法に、化学療法(くすり)、免疫療法も併用されます。

扁桃のがん〈へんとう〉

【どんな病気?】

扁桃にできる悪性腫瘍です。中咽頭では、粘膜にできるがんはめったにありません。

【症状は?】

はじめの症状は食べ物を飲みこむ時の異物感、のちにのどの痛みも感じるようになります。

【対処は?】

放射線や化学療法(くすり)による治療が中心ですが、扁桃は手術でとり除きます。

下咽頭のがん〈かいんとう〉

【どんな病気?】

下咽頭の粘膜にできる悪性腫瘍です。

【症状は?】

はじめの症状はのどの異物感やつまる感じ程度と、かなり大きくなるまで自覚症状が現れにくく、発見が遅れます。進むとものが飲みこめなくなり、喉頭(図1参照)まで広がると声がかれることもあります。

【対処は?】

放射線や化学療法(くすり)でできるだけ小さくしたのち、喉頭を含めて手術で切りとり、頚部のリンパ節も取り除きます