いびきがひどい

のどの症状

鼻やのどなどの気道に異常があって、寝息に雑音が混じる

病気が潜んでいることもあります。

いびきは、鼻やのどなどの気道に異常があって、寝息に雑音が混じるものです。原因はさまざまで、生活上の問題にすぎないこともあれば、気になる病気が潜んでいることもあります。疲れたときや、お酒を飲んだあと、あるいは太っている人などはいびきをかきやすく、これは、のどがたるんだり狭くなったりして呼吸のたびに振動するためです。

原因はさまざま

寝るときの姿勢がいびきの原因になっていることもあります。枕が高いと空気の通り道が狭くなるため、いびきをかきやすくなります。低い枕で横向きに寝ると、いびきをかきにくくなるようです。また、鼻がつまると口で呼吸をするため、いびきをかきやすくなります。鼻づまりといびきがいっしょに起こっている場合、耳鼻咽喉科で鼻づまりの原因を調べてもらいましょう。子どものいびきの原因は、大半が扁桃肥大かアデノイド肥大ですが、これも鼻づまりをともないます。

ひどいいびきが続く

起こしても反応がないようなら

ひどいいびきが続き、ときどきガガーッと一時的に呼吸が止まってしまうようなら、睡眠時無呼吸症候群のおそれがあります。大人が主ですが子どもにも起こり、突然死の原因になることもあります。ぜひ早目に耳鼻咽喉科を受診してください。40代以降の人が突然異様な大いびきをかきはじめて、起こしても反応がないようなら、脳卒中の疑いがあります。至急、救急車などで病院に連れて行きましょう。また、ごくまれですが、若い男性の場合、上咽頭腫瘍がいびきの原因となっていることがあります。いびきに、鼻づまり、鼻血が何回も起こるようなら、総合病院の耳鼻科を受診してください。

この記事をシェアする
FacebookTwitterLINE